甘夏とヨーグルトのババロア レシピ

シフォン中心に焼き菓子を色々焼いています。時々レシピもUPしてます!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甘夏とヨーグルトババロアのレシピを紹介しますね。
セルクルで作ってしまいましたが、若干固さが足りなかったみたいで、
このレシピだとカップで作った方がお勧めです☆
甘夏のわずかな苦味とヨーグルトの爽やかさが夏らしい一品です。

IMG_2485.jpg

では、レシピへgo!!

<甘夏とヨーグルトのババロア レシピ>

材料

卵黄・・・・・2個

砂糖・・・・・15g

はちみつ・・・25g

生クリーム・・・・100cc

甘夏の果汁・・・1個分

ヨーグルト・・・・甘夏の果汁と合わせて100ccになるように調整してください。

※コアントロー・・・・小さじ2

※レモンエッセンス・・・・適量

ゼラチン・・・・・小さじ2

水・・・・・・・・・大さじ2

下に敷くスポンジ生地(市販のものでもOK。私は余っていた冷凍保存のロールケーキ生地を使用しました。)

シロップ・・・・90g
(水5:砂糖1の割合で作る)→水75gに砂糖15gを溶かす。

※の材料はあれば加えてください。無くてもOKです。




<下準備>
ゼラチンはあらかじめふやかしておく。
ゼラチンに水を加えるのではなく、水にゼラチンを加えるとダマになりにくいですよ。

<作り方>

①卵黄、砂糖、はちみつを約60℃の湯煎にかける。

②そこにふやかしたゼラチンを加え、湯煎にかけたまま泡だて器で混ぜる。

③甘夏の果汁を加え、60℃に温めてからこし器でこす。

④生クリームに(あればコアントロー)、ヨーグルトを加え、とろっとするまで(6分立て)ホイップ。

⑤③を氷水にあて、とろみがついてきたら④の半分を入れてゴムベラで混ぜる。
馴染んだら残りも同じように混ぜる。

⑥スポンジをカップに敷き、シロップを刷毛で塗り、その上に⑤を入れて冷蔵庫で固める。

⑦オレンジピールやミントの葉を飾って出来上がりです。

因みにここで使用しているオレンジピールの作り方はこちらです~↓
http://oyatu.nmno.net/archives/cat1/post_14/

<ワンポイント>

キウイやオレンジのゼリーを作ろうとして、固まらなくて失敗してしまったことはありませんか?
これは酸味の強い果物が持つタンパク質分解酵素の仕業です。

解決策として、果物を60℃くらいに温めると酵素が破壊されるので固まるようになります♪
甘夏の果汁をで60℃に温めているのはそのためです。


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://funi2218.blog10.fc2.com/tb.php/51-df97d2c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。