ヘルシオ シフォン 失敗 ver3

シフォン中心に焼き菓子を色々焼いています。時々レシピもUPしてます!

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルシオシフォン 底上げ 失敗 シリーズ(←ついにシリーズ化!?)
まだまだ続きます。
いいかげんにして・・・という方、もう少しお付き合い下さいね。
失敗すると写真も撮る気が失せますね~(笑)

080820_1620~01.jpg

今朝焼いた、プレーンなシフォンです。
昨日に比べればシフォンの底上げは大分ましになりましたので、
ちょっと一安心・・・・ですけど、まだやっぱり底上げしてしまいます。
いつもコンスタントに綺麗なシフォンが焼ける方、本当に素晴らしいなぁ。

今回は初心に戻りまして、レシピは
下井佳子さん著の「シフォンケーキ 21のバリエーション」http://www.7andy.jp/books/detail/?accd=19851140
を参考にして丁寧に作ってみました。

今回注意した点は

①卵黄生地に入れる粉はメレンゲが出来てから入れる。混ぜすぎない。

②メレンゲは氷水にあて、砂糖は上白糖を一気に入れて角がちょっとおじぎする位の固さにする。(タイマーで計ったら8分くらい泡立てていました。)

③メレンゲと卵黄生地を合わせる時、今までは二回に分けて入れていたのを
三回に分けて入れる。混ぜすぎに注意。

の三点です。
昨日よりはマシになったので、もう少し・・・何か自分の中で見極められると
良いのですが。

やはりポイントはメレンゲ作りとメレンゲと卵黄生地のあわせ方にあるような気がしてなりません(私の場合ですが。)

③については、シフォンケーキ作りにはまって最初のうちは本の通りに三回に分けて入れていたのです。

しかしたまたま参加した一日体験のシフォンレッスンで、先生が二回に分けていたので調子に乗って同じように二回に分けたら失敗が多くなったような・・・。
というわけで、プロの先生と同じ腕を持っているわけがない私は三回に分けて入れる方法に戻す事にしました。

卵黄生地とメレンゲのあわせ方は、
一回目→泡だて器でぐるぐる。
二回目→ゴムベラに持ち替えて切るように。
三回目→二回目と同じ。

で初心の頃はやっていました。

最近は
一回目→泡だて器でぐるぐる。
二回目→泡だて器で生地をすくっては落とす。
三回目→二回目と同じく。
仕上げにゴムベラに持ち替えてさっくり混ぜる。

なんですが、ここら辺も問題ありなのかなー。
初心に戻った方が良いのか?迷うところです。
本当にシフォンって繊細で奥が深いです。
いつの日か、ばっちり!マスターしたいものです。



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://funi2218.blog10.fc2.com/tb.php/43-a1942d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。