ヘルシオ シフォンケーキ 失敗

シフォン中心に焼き菓子を色々焼いています。時々レシピもUPしてます!

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルシオで焼いたシフォンが底上げしてしまいます。がーん!!大失敗。
IMG_2149.jpg
上から見ると膨らんでいますが・・・。
IMG_2152.jpg
実は、最近シフォンがわずかだけど底上げしてばかり。
プレゼント用に焼くときに限って失敗するんですよね~(汗)
多分、五回くらい焼いてほぼどこかに底上げが。
ヘルシオの調子が悪い・・・・いいえ、私の腕が悪いに決まってます。

この写真はロイヤルミルクティーシフォンですが、先日のキャラメルシフォンも底上げ。
(カットしてごまかしちゃいました・・・。)
このシフォン底上げ地獄スパイラルを脱却すべく、基本の作り方を見直してみようと思うように
なりました。
それから「シフォン 底上げ」でネット検索。
思いがけない発見ががありました。


シフォンの底上げの原因は「メレンゲ作りの失敗」「メレンゲと生地を合わせるときに泡を消しすぎる」
「焼成温度が低い」などがあるようです。
一つだけ!!ここが悪いっ!!っていうよりも僅かなものが重なって失敗するというか。
奥が深いです・・・・。

で、思いがけない発見なのですが、
①砂糖は一気に入れる
②メレンゲは硬すぎてもダメ。

です。

①は今まで砂糖は三度に分けて入れていたのですが(ほぼ全てのレシピ本がそうなっていたので)
一度に砂糖を加えると、伸びのあるねっとり?としたメレンゲが出来るそうです。

②はメレンゲはいつもハンドミキサーでピンと角が立ち、さかさにしても落ちないくらいを目安にしていたのですが、これでは泡立てすぎのようです。
理想は糸を引くように角が立ち、角の先がちょっぴりお辞儀する程度。
こういった柔らかかつしっかりしたメレンゲの方が生地の伸びが良いそうです。

なかなか見極めが難しそうです・・・。
という訳で、この二つに注意しつつ、ただいまキャラメルシフォンをリベンジ中です。
あ、あともう一つ。
夏場になってからの失敗が多いので、メレンゲを作るときは氷水にあてて作りました。
今まではズボラで保冷剤を下にして泡立てていたので、ここら辺にも原因があるかも?


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://funi2218.blog10.fc2.com/tb.php/41-b66a8e45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
 / Template by パソコン 初心者ガイド

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。